DESPERADO@いとしま

糸島で暮らすグラフィックデザイナーのつぶやき徒然草

夏の終わりはスウィートなラヴァーズロックで

f:id:poolside_yusky:20150817114838j:plain

だいぶ涼しくなって来て
夏も終わりですね
こんな時期には
サンセットを見ながら
甘い甘いラヴァーズロックがおすすめ

ラヴァーズロックとは
ジャンル的にはレゲエなんだけど
そのレゲエのラブソングとでもいえばいいのかな

ウィキペディア先生によると
「ラヴァーズ・ロック は
レゲエのサブジャンルの一種。
歌詞の主題は主に恋愛やロマンスであり、
甘い質感のあるサウンドを特色とする。
1970年代中期のロンドンで誕生した。」
ということらしい

代表曲といえばみなさんご存知の
ジャネットケイの「ラヴィンユー」かな

janet kay lovin' you/

こんな感じでメロディーも親しみやすく
レゲエってって思っている人でも
比較的とっつきやすいんじゃないかな

もっと多くの人が聞けばいいのにと
常々思っているのだが
なかなか認知度はあがってないのかな
下手な歌謡曲やポップス聞くよりいいのに
と残念でしかたがない

今の世の中は音楽があふれているし
若者は洋楽を聴かないというのも
なんかで聞いたような…

まぁそんな話はおいといて
やっぱおすすめです
ということで何曲かピックアップしました

 

Courtney Pine feat. Carroll Thompson - I'm Still Waiting/
Investigators - love is what you make it
Carroll Thompson - Sing Me A Love Song/
Janett Silvera - Say You Love Me/
Soul Syndicate - I Can't Get Over Losing You/
Freddie McGregor - And So I will Wait For You/
Aswad - Best Of My Love/

Dennis Brown - ILove has found it's way

 

カバーソングも多いけどレゲエにすることで

オリジナルよりよくなってる曲も多いと思う

やっぱレゲエいいわ(笑)