DESPERADO@いとしま

糸島で暮らすグラフィックデザイナーのつぶやき徒然草

フリーペーパーはどこへ行き着くのか?

 

 

自分が初めてフリーペーパーというものに触れたのは

「dictionary」というフリーペーパーでした。

1993年ころでしょうか。

まだフリーペーパーというものが見慣れぬ存在でした。

なんでこれがタダなの?っていう感じで

ただでもらっていくのに随分抵抗がありましたね。

今じゃ何でももらって行きますが…。

 

「dictionary」は今日のフリーペーパーのパイオニアでした。

f:id:poolside_yusky:20131017153008j:plain

 

f:id:poolside_yusky:20131017153101j:plain

 

そのディクショナリーも最初はモノクロ

そしてカラーになり、CDサイズに変わり、

ビジュアルディクショナリーというものが登場。

それには「SOUND DICTIONARY」という

カセットテープ?!もついていました!

 

f:id:poolside_yusky:20131017153121j:plain

 

行き着く所まで行き着いた感じがしましたが、

その後見かけなくなりました。

フリーペーパーは今もまだあるのでしょうか?

 

Webはありました!dictionary

過去20年分のアーカイブから最新号まで全てWEB上で見ることが出来るみたい!

やっぱネットって凄いです。

関連のホームページはこちら。HP FACEBOOK 

 

フェイスブックを見ていたらまだ冊子もあるようですね!

福岡では手に入らないのでしょうか?探してみよう…。

しかしネットが発達して情報発信が簡単になった今では

わざわざお金のかかる紙媒体で出さなくてもいい時代ですが

でもそこをあえて紙媒体にこだわっていって欲しいです。

 

アナログなものに価値を見いだす自分としては

形があって朽ちていくものにこそ魂が宿ると思っているので

このまま続いていくことを願っております。

 

しかしこんなカセットにまでジャスラックマーク(著作権協会)が!

知り合いが働いているんで気になってしまいました(笑)