Lifestyledesign@いとしま

糸島で暮らすグラフィックデザイナーのつぶやき徒然草

レトロトリップ北九州 #2「若松・戸畑編」

Retoro trip in Kitakyushu Vol.2[at Wakamatsu,Tobata]

レトロトリップ北九州「若松・戸畑編」

 

門司港に触発されて

今回は若松・戸畑へ行きました

 

出かける前にまずは腹ごしらえ

駅地下の外れの方朝日ビルの地下になるんだけど

「大地のうどん 博多駅前店」へ

なんと豊前裏打ち会系列だったんだ

人気だとは聞いていたが

行列ができていた…

並びたくはなかったのだが

次にいつ来るかわからなかったので

定番のごぼう天うどん¥480

f:id:poolside_yusky:20161217122553j:plain

 

博多からどんこうで折尾まで行き

そこから若松へ向かいます

折尾駅ホームでは名物折尾のかしわ弁当を

売っている駅弁売りのおじさんがいました

 

鹿児島本線から筑豊本線に乗り換えるのですが

駅が迷路のようで不安になりながら若松行きのホームへ向かう

f:id:poolside_yusky:20161217142037j:plain

そういえばまだ220分なんだけど

乗換の案内では259分若松行きと聞いたような

聞き間違えだろうなと思ったけどマジだった

どうするこの待ち時間ってことで

一度改札を抜けて外から折尾の駅舎を見ることに

f:id:poolside_yusky:20161217142640j:plain

東口出てすぐの川沿いにびっしりと飲み屋が連なっている

なかなかディープな景色

生ビール一杯100円?!すげー

 

川沿いに歩いて最初の踏切を左へ進むと

そこには歴史的な建造物の「旧西日本鉄道折尾高架橋」があらわれる

f:id:poolside_yusky:20161217143122j:plain

これは「北九州を東西に繋いでいた西日本鉄道北九州線の

西の終点折尾停留所のホームの土台と橋脚を兼ねた

日本最大級のレンガ造りのアーチ。

下を通る道路が線路に対し、直角に交わらず

少し斜めに交差していたため、レンガを斜めに切り、

張っている。全国でも20数ヶ所にしか残っていない建造物。

現在この工法を受け継いだ者はいない。」ということなのだそうだ

f:id:poolside_yusky:20161217143225j:plain

この工法は「ねじりまんぽ」というらしいめずらしいものなんです

f:id:poolside_yusky:20161217143302j:plain

そのアーチをくぐって駅舎の方へ向かったのだが

 

駅舎はなくなっていましたorz

かなりショック!メーテルなんかではごまかされないぞ

f:id:poolside_yusky:20161217143855j:plain

しかしこんなことでめげてはいられない

気をとりなおして若松へ

f:id:poolside_yusky:20161217151229j:plain

f:id:poolside_yusky:20161217144741j:plain

電車は「キハ471052」という国鉄時代の列車でどこか懐かしい感じ

f:id:poolside_yusky:20161217150926j:plain

若松側から洞海湾を見ながら走るのは初めてだったので

ちょっとわくわくしながら車窓にかじりつく

それにしても思ったとおり乗客は少ない

f:id:poolside_yusky:20161217151304j:plain

終点の若松に到着

f:id:poolside_yusky:20161217151524j:plain

駅を出て海の方へ向かうと

広場みたいなところに朽ち果てた蒸気機関車

時間が止まったようにひっそりとたたずんでいた

f:id:poolside_yusky:20161217151630j:plain

広場を抜けるともう洞海湾が目の前

その海の向こうに

小さい頃住んでいた牧山が見える

f:id:poolside_yusky:20161217151833j:plain

山の頂上にあった煙突は無くなっていた

左に目を移すと戸畑・若松のシンボル

かつては東洋一といわれた「若戸大橋」がデーンと

洞海湾に横たわっている

f:id:poolside_yusky:20161217151928j:plain

その橋の主塔の近くが目指すレトロ地区

まずは「弁財天上陸場」と観光客の休憩所として建てられた「ごんぞう小屋」

f:id:poolside_yusky:20161217152414j:plain

f:id:poolside_yusky:20161217152535j:plain

f:id:poolside_yusky:20161217152831j:plain

それから「若松石炭商同業組合の石炭会館」

ここではたしか三日月のクロワッサンが売られていると聞いたような

f:id:poolside_yusky:20161217153123j:plain

次はキレイになった「 旧古河鉱業若松支店」

f:id:poolside_yusky:20161217153019j:plain

f:id:poolside_yusky:20161217153305j:plain

そこをすぎると今回の一番の目的でもある「上野海運ビル」

f:id:poolside_yusky:20161217153606j:plain

f:id:poolside_yusky:20161217153750j:plain

かつては「 旧三菱鉱業若松支店」だったビルだ

ここは中も素敵なのでぜひ訪れたいと思っていた

f:id:poolside_yusky:20161217154042j:plain

f:id:poolside_yusky:20161217161026j:plain

f:id:poolside_yusky:20161217154133j:plain

入口がわかりにくいのだが正面から右の側面にビルの入口がある

中もやはり素敵だ

f:id:poolside_yusky:20161217154234j:plain

f:id:poolside_yusky:20161217154246j:plain

f:id:poolside_yusky:20161217154239j:plain

f:id:poolside_yusky:20161217160833j:plain

そしてこのビルの3階にある「Asa Cafe」へ

窓際の席があいていたので迷わずそこに腰をおろす

f:id:poolside_yusky:20161217154608j:plain

f:id:poolside_yusky:20161217155119j:plain

3時までならランチが頂けたのだが

残念ながらランチタイムは終了ということで

ここはせっかく車じゃないんで

優雅にビールを頼むことにした

f:id:poolside_yusky:20161217155946j:plain

窓の外に牧山を見ながら飲むビールは格別だ

ちょっと昔の思い出がフラッシュバックしてくる

若戸渡船も結構な頻度で見える

1時間に4回くらいは出ているみたい

 

残念なのは味気のないマンションが

至る所に建っていることだ

なんとも興ざめな風景

ノスタルジックな想いも

なんだかちょっとしぼんでしまう

f:id:poolside_yusky:20161217155104j:plain

Asa Cafeを後にして

トイレかなと思ったら昔ながらの流しがありました

入ってはいけないところだったかな?

f:id:poolside_yusky:20161217160701j:plain

f:id:poolside_yusky:20161217160759j:plain

f:id:poolside_yusky:20161217154156j:plain

f:id:poolside_yusky:20161217160939j:plain

f:id:poolside_yusky:20161217161010j:plain

f:id:poolside_yusky:20161217161047j:plain

トイレもレトロ、当然和式なのです

f:id:poolside_yusky:20161217161418j:plain

f:id:poolside_yusky:20161217154010j:plain

裏側はこんな感じ

f:id:poolside_yusky:20161217153911j:plain

 

さて、ビールでほろ酔いになりながら

主塔そばの「栃木ビル」へ

f:id:poolside_yusky:20161217161627j:plain

f:id:poolside_yusky:20161217161920j:plain

f:id:poolside_yusky:20161217161930j:plain

窓に写った若戸大橋がいい感じ

f:id:poolside_yusky:20161217162307j:plain

日も沈みかけてきたので

戸畑に向かわなくては

f:id:poolside_yusky:20161217153513j:plain

f:id:poolside_yusky:20161217162723j:plain

f:id:poolside_yusky:20161217161747j:plain

船場はこれまたえらく寂れている

大人100円、3分で戸畑に到着するみたい

子どもの頃は結構時間がかかった気がしていたのだが

たった3分とはなんだか気が抜ける

若戸大橋もかつては歩いて渡れたと思うが

今は渡れない

f:id:poolside_yusky:20161217163443j:plain

f:id:poolside_yusky:20161217163452j:plain

f:id:poolside_yusky:20161217163512j:plain

洞海湾の奥の方に夕陽が沈んで行く

方向的には南な感じがするが西なんだなぁ

f:id:poolside_yusky:20161217163712j:plain

海上からも撮影してみたが

そうしているうちにもう戸畑へ到着

やっぱりあっけない

f:id:poolside_yusky:20161217164226j:plain

戸畑に着くと一目散に「日水ビル」へ

このビルもレトロな産業遺産的な建物

そしてそのすぐ裏に

レンガ造りの倉庫がひっそりとたたずむ

f:id:poolside_yusky:20161217170340j:plain

f:id:poolside_yusky:20161217165824j:plain

そこから海沿いに牧山海岸をめざす

どんどん夕陽が沈んで行く

f:id:poolside_yusky:20161217170335j:plain

f:id:poolside_yusky:20161217170532j:plain

ここからまだ見たい所はいろいろあったのだが

歩きではもう見ることが出来そうにない

残念ながら牧山海岸で今回のレトロ旅は終了

 

戸畑駅に向かいそこから小倉へ

帰りは高速バスで天神に向かう予定

しかし小倉駅を出て銀天街へと

向かおうとした矢先に目に飛び込んできたのは…

f:id:poolside_yusky:20161217174052j:plain

f:id:poolside_yusky:20161217174023j:plain

「ストリップ」のネオン?!

駅前だぞ!しかも目の前じゃないか!

凄いな小倉!!!!

やっぱディープだわ

隣には立ち飲みやが何件もある

路地の奥の方には「名画座」なる看板も見える

当然日活ロマンポルノみたいなものをやっているんだろう

小倉駅はきれいになって

駅前もキレイに整備されて

こじゃれた街になっているようにみえて

すぐそばにこんな昭和な感じの一角が

潜んでいるなんて、恐るべし小倉

 

 

f:id:poolside_yusky:20161217180157j:plain

f:id:poolside_yusky:20161217192253j:plain

f:id:poolside_yusky:20161217180733j:plain

f:id:poolside_yusky:20161217184925j:plain

ちょっとしゃれた感じの「Tanga Table」で晩ご飯

f:id:poolside_yusky:20161217180718j:plain

f:id:poolside_yusky:20161217180722j:plain

壁一面に皿が貼付けられている

ちょっとクラブっぽい雰囲気だな

f:id:poolside_yusky:20161217181320j:plain

f:id:poolside_yusky:20161217192245j:plain

Hostelということは宿泊もできるみたい

これにてレトロトリップ若松・戸畑編は終了

 

まだまだみたいところは多々あったのだが

時間が足りなかった

こんなことなら午前中からくればよかったな

 

参考までに

若松レトロ建造物

戸畑区牧山地区の史跡など