DESPERADO@いとしま

糸島で暮らすグラフィックデザイナーのつぶやき徒然草

大好きな二人のマンガ家「鴨川つばめ」「江口寿史」

大好きな漫画家が二人いて

一人は「鴨川つばめ
代表作は「マカロニほうれん荘

f:id:poolside_yusky:20181024130254j:plain
週刊少年チャンピオン」(秋田書店)において
1977年から1979年まで連載されたギャグ漫画
はちゃめちゃな内容が衝撃だったし
何と言ってもロックなテイストが随所にちりばめられていて
当時小学生だった自分にはすごくカッコ良く
ロック好きになるきっかけでもあった
特にトシちゃん扮するジミーペイジの姿に
ハートを鷲掴みにされました

 

それまでもギャグ漫画は
トイレット博士」「がきデカ」「12のアホ」
東大一直線」「ハレンチ学園」などいろいろあったけど

f:id:poolside_yusky:20181024130825j:plain
マカロニはなんか抜きん出ていたというか
ロックなテイストがすごく自分に合った

そしてマカロニと同じくらい好きなもう一つの作品が
月刊少年チャンピオン」に掲載されていた「ドラネコロック」
主人公の名前が「泉屋しげる」で
バイク好きのヤンキーで何かと矢沢永吉の歌を口ずさむ
そして会話の途中途中に出てくる英語がなんか好きで
こちらにもかなり影響されたのは言うまでもない

鴨川つばめは途中で作風が変わってしまい
最後がなんかつまらなくなったのは残念だが
それだけ描くのにエネルギーのいるマンガだったんだと思う

 

 

そしてもう一人が「江口寿史

f:id:poolside_yusky:20181023161731j:plain

代表作は「ストップ!ひばりくん」「すすめパイレーツ」だけど

 


当時読み切りで掲載された「名探偵はいつもスランプ」(GO AHEAD収録)が好きで

f:id:poolside_yusky:20181107144819j:plain

f:id:poolside_yusky:20181107144910j:plain
その主人公で連載がはじまった「ひのまる劇場」も好きだった
「ひのまる劇場」は途中から探偵ものから学園ものに変わっていって
なんかつまらなくなっていって連載終了
単行本で2巻までの作品だ
この作品は後のひばりくんに通じる
オシャレな雰囲気が出始めたのと
江口漫画の独特のタッチがほぼ完成に近づいた作品だと思う
なんかブラインドや観葉植物(アレカヤシ)がある部屋に憧れたなぁ

 

そしてそのオシャレな雰囲気が花開いたのが
「ストップ!ひばりくん」だった
バックの絵もそうだけど
毎回連載の扉のイラストがカッコ良かった

f:id:poolside_yusky:20181023161857j:plain


当時オシャレな絵の代表は「鈴木英人」さんだったけど
そのテイスト感が江口漫画にはあった
おそらくすごく意識して描いていたんだと思う
それと、江口漫画でもロックなテイストがあって
これもまた好きになった理由のひとつだ

ひばりくん後は短編が多くなってしまい
いつしか連載漫画が描けない漫画家(失礼!)となってしまう
※ひばりくんの連載中から途中で休むということが多くなり
連載もすぐに終了してしまうということばかり

そんな短編の中で好きだったのは
「トーマス兄弟の一週間」とかいう感じの内容のもの
オカマのトーマス兄弟の話でなかなか面白かったなぁ

f:id:poolside_yusky:20181121150935j:plain
あとはゴルゴ13のパロディとか

f:id:poolside_yusky:20181121150906j:plain

最近はすっかりイラストレーターみたいになっているが
連載ギャグ漫画を描いてほしいなぁ
もしくは凄く面白い原作を江口流にアレンジする
とかでもいいんだけどね

 

そうそう、鴨川つばめは福岡県の大牟田

江口寿史熊本県の八代?の出身

二人とも九州ってのがまたね