DESPERADO@いとしま

糸島で暮らすグラフィックデザイナーのつぶやき徒然草#Travel Japan #delicious food #kyushu #fukuoka #ramen

「腑抜けた野郎の脳天をたたき割れ!」孤高のロックグループ「The Roosters(z)」ルースターズ #サンハウス #大江慎也 #花田裕之

鉄の町 北九州が誇る孤高のロックグループ「ザ・ルースターズ

1979年に「人間クラブ」というバンドを母体に結成される

メンバーは「大江慎也(Vo,G)」「花田裕之(G)」「井上富雄(B)」「池畑潤二(Dr)」の4人

ちなみに人間クラブではヴォーカルは大江ではなく

南浩二(どうしようもない恋の唄の作詞者)だった

1982年ごろから大江が精神的におかしくなっていく

1983年6月に下山淳(G)、安藤広一(key)が加入し、ドラムの池畑が脱退

この頃から第二期ルースターズへと変わり

U2エコー&ザ・バニーメンのようなニュー・ウェイヴの色が強くなっていく

余談ではあるが、自分は下山淳のルースターズも結構好き

1985年7月発売のシングル「SOS」より花田が正式にメイン・ボーカルをとるようになる

1988年7月の渋谷公会堂でのライヴをもってTHE ROOSTERZは解散

そして2004年7月、フジ・ロック・フェスティバル

オリジナルメンバーによるラストライブを行う

このライブをもってTHE ROOSTERSは正式に解散

 

f:id:poolside_yusky:20180510131433j:plain

◎リリースされたアルバム

  1. THE ROOSTERS (1980/11/25)
  2. THE ROOSTERS a-GOGO (1981/6/25)
  3. INSANE (1981/11/25)
  4. DIS. (1983/10/21)
  5. GOOD DREAMS1984/4/21)
  6. Φ PHY1984/12/21)
  7. NEON BOY (1985/9/21)
  8. KAMINARI (1986/11/1)
  9. PASSENGER (1987/9/1)
  10. FOUR PIECES (1988/5/1)
  11. FOUR PIECES LIVE (1988/10/10)

※後に「Unreleasedアンリリースド」という初期のものも発売される

◎リリースされたシングル

  1. ロージー/恋をしようよ (1980/11月)
  2. どうしようもない恋の唄/ヘイ・ガール
  3. ONE MORE KISS/DISSATISFACTION
  4. GIRL FRIEND/WIPE OUT〜TELSTAR
  5. レッツ・ロック(日本語版)/ゲット・エブリシング(日本語版)
  6. ニュールンベルグでささやいて (1982/11/21)
  7. C.M.C (1983/7/1)
  8. THE AIR/DESIRE(1983/10/21)
  9. SAD SONG (WINTER VERSION)/HEART'S EDGE (REMIX)(1984/1/1)
  10. SOS (1985/7/21)
  11. STRANGER IN TOWN (SUPER MIX)/THE ROOSTERZ MEGA MIX
  12. BURNING BLUE/STRANGE LIFE

 

そんなルースターズの曲をレアな音源など含めてピックアップしてみました

 

THE ROOSTERS / どうしようもない恋の唄

 

The Roosters/Rosie

 

The Roosters - Case Of Insanity (1981 Live)‬

The Roosters - She Broke My Heart's Edge ( Rare Studio Track )‬

The Roosters - Good Dreams ( Rare Studio Track )‬

The Roosterz - I'll Be Eyes ( Overlay Test Ver. )‬

The Roosters(z) - φ ( PHY : INST. )‬

花田裕之  鉄橋の下で‬

 

最後はルースターズがかなり影響を受けたとされる

博多めんたいロックの元祖「サンハウス」の名曲を
サンハウスバージョンではなくRUBYバージョンで

 

ちなみにこの曲はアルバム「GOOD DREAMS」に

「All alone」という曲名で収録されている