読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lifestyledesign@いとしま

糸島で暮らすグラフィックデザイナーのつぶやき徒然草

レコードジャケットの密かな楽しみ-変形・仕掛けもの編

 

さてさてレコードジャケットには、

変形(正方形ではない)ものや、凝った仕掛けのものがあって

これまた面白かったりします。

CDで再発される時に忠実に再現されたものもあって

それはそれで小さなものにも惹かれますが、

レコードジャケットのサイズでってのがいいんですよね。

 

まず先頭バッターはウエイラーズの「Catch a fire」

ジャケットの形がジッポライターになっていて

ジッポの蓋が開いてレコードを出し入れするという凝った作りです。

ただ、この蓋のジョイント部分が壊れやすいため

大抵は蓋が取れてしまっていてきれいな形のものは

なかなかお目にかかれません。

ちなみに蓋を開けてレコードもジャケについているのがUK盤で

US盤はジッポのライターのみです。

う〜ん、うまく伝わったかな…

下の写真はレコードの部分もジャケにあるのでUK盤です。

そしてレコードの部分はなく、ジッポの形でカットされているのがUS盤。

ちょっと前にレコードでの復刻盤も出ているようなので

きれいなものを狙うならこの復刻盤の方がいいかも。

ちなみに復刻盤はどちらなんでしょうね。気になります。

f:id:poolside_yusky:20131030215745j:plain

f:id:poolside_yusky:20131030215756j:plain

 

次はローリングストーンズの「Sticky Fingers」

アンディウォーホルによるデザインは

本物のジッパーがついていて開くとブリーフ姿になるしかけ。

タイトルとアーティスト名が四角い枠でかこまれているのがUK盤(下画像)

で、タイトルとアーティスト名が囲まれてなくベルト部分にあるのがUS盤。

日本盤もUS盤と同じです。個人的にはUK盤がいい!です。

ちなみにこのジャケもベルトのバックルより上の部分が破れてないものが多く

きれいなものは稀少です。

f:id:poolside_yusky:20131030220558j:plain

また、スペインではこのデザインがよろしくないということで

缶詰から指が出た写真のジャケに変更されました。

こちらは仕掛けはなく単にレア盤としてマニア向け

f:id:poolside_yusky:20131030220606j:plain

 

そしてフェイセズの「Ooh la la」

男の人の目と口が動く仕掛けになっており

レコードを聴きながら動かして遊べます!

こういった仕掛けはレコードを聴くときの

楽しみが増えるので実にうれしいおまけです。

レーベルや見開きも楽しいですね!

f:id:poolside_yusky:20131030220628j:plain

f:id:poolside_yusky:20131030220640j:plain

f:id:poolside_yusky:20131030220653j:plain

f:id:poolside_yusky:20131030220707j:plain

 

こちらはスモールフェイセズの「Ogdens Nut Gone Flake」

丸いジャケで解説なんかも丸い形

 

f:id:poolside_yusky:20131030220717j:plain

 

それからアリスクーパーの「SCHOOLS OUT」

これは変形じゃないけれど、レコードがパンティをはいているという変わりもの。

 

f:id:poolside_yusky:20131030220726j:plain

 

などなどまだまだ楽しいレコードはいっぱいあります。

こんなレコードを探すのも楽しいでしょ?

 

 

Catch a Fire (Dlx)

Catch a Fire (Dlx)

 

 

スティッキー・フィンガーズ(紙ジャケット仕様)

スティッキー・フィンガーズ(紙ジャケット仕様)

 

 

 

Ooh La La

Ooh La La

 

 

 

 

 

School's Out

School's Out