DESPERADO@いとしま

糸島で暮らすグラフィックデザイナーのつぶやき徒然草

ロックを何倍もカッコよくした写真家 鋤田正義写真展in谷尾美術館 プチトリップ直方編

f:id:poolside_yusky:20180806205412p:plain

中学生だった頃

T-Rexのマークボランがかっこいいと思った

音楽ももちろんだが

そのビジュアルにもかなり刺激された

ファッションも含めてロックだった

f:id:poolside_yusky:20180512123616j:plain

そんなかっこいい写真を撮っていたのが

日本人だと知った時にはたいそうビックリした

このビジュアルがあったおかげで

ロックは華々しくなっていったし

それこそ「ビジュアル系」なる言葉も生まれた

そんな写真家「鋤田正義」さんが

出身地の直方で写真展をやりたいと言ったのが

今回の写真展のきっかけだ

 

数年前に天神イムズの三菱地所アルティアム

写真展があった時には行ったのだが

今回の直方はさすがにちょっと遠いなと

思っていたけれど

やっぱり見とかないかん気がして

仕事をほっぽらかして見てきました(笑)

 

直方へは天神の高速バスターミナルから

直行便が本数は少ないが出ている

 

最近インバウンド需要で

至る所がキレイになっているが

このバスターミナルも

すごくキレイでオシャレな感じに変わった

f:id:poolside_yusky:20180511102317j:plain

1時間に1本あるかないかだが

直接行けるのはありがたい

往復チケットだと片道100円お得

 

都市高から見た箱崎宮

f:id:poolside_yusky:20180511105129j:plain

天神からは1時間ちょっとで直方に到着

谷尾美術館の方へ徒歩で移動

f:id:poolside_yusky:20180511115117j:plain

f:id:poolside_yusky:20180511115302j:plain

地元前原もそうだが、車社会になって

駅前からほど近い周辺でも寂れた感がはんぱない

でもそんな忘れ去られて朽ちて行く感じが好きかもしれない

でも廃れるとやがて無くなって

ピカピカのマンションとかになるのは嫌いだ

皮肉?にも、時間が経って味が出るというのは

経年しないと出てこないのだから

f:id:poolside_yusky:20180511115328j:plain

こじゃれたカフェも一応ある

f:id:poolside_yusky:20180511115404j:plain

アーケードもまぁ閑散としている

f:id:poolside_yusky:20180511115422j:plain

f:id:poolside_yusky:20180511115442j:plain

シャレたレンガ造りの建物があった

目的の谷尾美術館?っと思ったが違った

f:id:poolside_yusky:20180511115655j:plain

なんかアジアンなスーパー

f:id:poolside_yusky:20180511115806j:plain

アーケードを抜けて

目指すは谷尾美術館の先にある「サンキュー」という洋食屋

そう、お昼だったんで、まずは腹ごしらえ

f:id:poolside_yusky:20180511120205j:plain

遠賀川河川敷

f:id:poolside_yusky:20180511122517j:plain

f:id:poolside_yusky:20180511120730j:plain

f:id:poolside_yusky:20180511120814j:plain

豚の絵があるんで豚肉専門の洋食屋さんなのかな…

とんかつ定食¥850を頂く

f:id:poolside_yusky:20180511121346j:plain

一応ネットで探した人気店だったし

誰かのレビューではどれもはずれなしで

スープやサラダのドレッシングもうまいとなっていたけど

普通な感じでした

とりたてておいしいってほどでもないのかな

 

さて腹も落ち着いたところで

本日の最大の目的「鋤田正義 ただいま」写真展へ

f:id:poolside_yusky:20180511122654j:plain

サンキューのすぐ近くにパン屋さんが

f:id:poolside_yusky:20180511122942j:plain

古い家が結構ある

道に「直方レトロ」というのぼりが立っているので

このあたり一体を門司港レトロみたいに

もりあげようとしているんだろう

以前炭鉱で栄えただけあって

たしかにレトロな建物はそこそこある

f:id:poolside_yusky:20180511123141j:plain

f:id:poolside_yusky:20180511123249j:plain

この耳鼻咽喉科ジブリアニメにでてきそうな建物だ

そして目的の谷尾美術館に到着

f:id:poolside_yusky:20180511123307j:plain

f:id:poolside_yusky:20180511123342j:plain

残念ながらアルティアムとは違って中は撮影禁止

なので以前のアルティアムでの写真を

f:id:poolside_yusky:20180512130421j:plain

f:id:poolside_yusky:20131020142757j:plain

f:id:poolside_yusky:20131020142738j:plain

鋤田さんが撮ったCMも流れていたんだけど

ソニーウォークマンの猿のやつ

これが鋤田さんだとは知りませんでした

そしてカロリーメイトは笑った

中学生?男子ってこんなだよな

さて、写真展を後にして

以前北九州の近代遺産ということで

イラストを描いた「直方市石炭記念館」へ

向かっている最中

道ばたに何やら気になるものが

f:id:poolside_yusky:20180511134005j:plain

f:id:poolside_yusky:20180511134019j:plain

最初はスコールにひかれて近寄ってみると…

そこにはお宝が!!!

f:id:poolside_yusky:20180511134507j:plain

スマック以外は初めて見る飲料

テンションも跳ね上がる

ほんとは欲しかったんだが

写真に収めることで我慢我慢

それでもいいもの見つけた幸せ感がハンパない

f:id:poolside_yusky:20180511134828j:plain

f:id:poolside_yusky:20180511134957j:plain

f:id:poolside_yusky:20180511135120j:plain

この古い建物は歴史的価値があるらしい

入るには左横にある新館で受付をしてから

入館料はたしか¥100だったかな(確認してくださいね)

f:id:poolside_yusky:20180511135106j:plain

f:id:poolside_yusky:20180511135234j:plain

炭鉱体験施設

f:id:poolside_yusky:20180511135406j:plain

階段を上りきった高台からの風景

f:id:poolside_yusky:20180511135420j:plain

f:id:poolside_yusky:20180511135746j:plain

電車が通った

f:id:poolside_yusky:20180511140136j:plain

廃墟?かな…場末のスナック

駅前には地元の英雄「魁皇」の銅像

f:id:poolside_yusky:20180511140623j:plain

ついでにおしりも!

f:id:poolside_yusky:20180511140714j:plain

これにて「直方プチトリップ」はオシマイ

天神では西鉄電車のコンコース(駅中)にある

「博多やりうどん」で期間限定の“白い”カレーうどん¥690を

f:id:poolside_yusky:20180511161118j:plain

表面はマッシュポテトと生クリームのホイップで覆われていて

カレーうどんっぽくない

f:id:poolside_yusky:20180511161154j:plain

白い層をつきやぶると中からは

20種類以上のスパイスを煮込んで出汁とあわせた

カレーが出て来る

しかし…ほんとかどうかわかんないけど

少年ジャンプ掲載の「食戟のソーマ」では

スパイスはやたら多けりゃいいってものではない

みたいなことが描かれてたんだよな〜

どうなんでしょうね

味は普通な感じでしたが見た目はインスタ映えかな

個人的にはもっと辛くしてほしいところですな