DESPERADO@いとしま

ワケあって糸島を離れてしまいましたが糸島・福岡LOVEなグラフィックデザイナーのつぶやき徒然草#Travel Japan #delicious food #kyushu #fukuoka #ramen

プロ野球 福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手はまるでマンガの主人公!?

2020年はコロナウィルスの世界的蔓延のため

なんともイレギュラーなシーズンとなりました

開幕がなんと6月19日 無観客での試合です

応援無しというのも最初は違和感を覚えましたが

慣れて来ると普段では聞けない選手の声や打球音などがわかって

それはそれで面白いなぁとも思ったりもしますが

やっている選手はやっぱり声援が無いのは寂しいのではないでしょうか

まぁなんだかんだ言っても開幕したのはうれしい

そして開幕そうそうにまたこの男がやってくれました

今や日本プロ野球界最高峰で屈指のスラッガー

福岡ソフトバンクホークス柳田悠岐選手

7月4日の北海道日本ハムファイターズとの一戦

9回表の攻撃で放ったセンターへのライナー

打った瞬間は平凡なセンターライナーでアウトかと思ったのですが

日ハムセンターの名手西川選手が補給寸前で左にダイブしましたが

打球はグラブの左側をすり抜けフェンスまで到達

あわやランニングホームランという珍事

 

【世界初?人類初?】柳田が”ナックル打法”を編み出す20200704

 

実は打球が無回転だったのか補給寸前で変化していたのです

これがあの水島新司先生の野球マンガドカベン」の

殿馬の秘打「ハイジャック」みたいだと話題になりました

そういえば数年前のヤクルトスワローズとの交流戦でも

殿馬の秘打「G線上のアリア」をしれっとやってのけてますし

横浜戦での浜の番長から放ったバックスクリーン直撃弾なんてのは

もはや代名詞的な映像になってます

 

一度見たら忘れない【あのボテボテサヨナラ打】G線上のアリア

 

【ソフトB】柳田悠岐 バックスクリーンを破壊する

 

本人は「ダイヤのAエース」の轟雷市を目指しているということも

規格外というか今時の人というか天然というかな感じですが

とにかくこの「柳田悠岐」という選手は見ていてほんと面白い

まさにプロ野球の醍醐味を体現している選手ではないでしょうか

昔で言えば長島さんや王さんなどのように

マンガの世界を地でいく選手はそうそういません

2年前の日米野球1戦目のサヨナラバックスクリーンなんて

まさに千両役者!

 

【日米野球】柳田9回裏サヨナラホームラン

 

2戦目は4打数4安打というメジャー選手も唖然なことを

やってのけるのです

 

【日米野球】柳田 全打席 4打数4安打 2018.11.10

 

みなさんもぜひ見てみてください

こんなマンガな選手はなかなかいませんから笑